So-net無料ブログ作成

落語に耽る [雑記]

えー、わたくし、こう見えまして、落語が好きです。

初めて落語とであったのが小学校5年。
わざわざ、小学校最後の茶話会で落語を披露して、大滑りをしたという経験まであります。
(かけたネタは、桂ざこば師匠の「動物いじめ」)


ドンくらい好きかと申しますと、
小学校の卒業文集で、将来なりたいものに「落語家」とあげていましたから。
小学校同級生の方で、まだ文集をお持ちの方は、ぜひとも焼却してください。
嫁さんに見られたら、一生笑われるためのネタとして使われてしまいます(苦笑



先日、再放送の最終回を迎えました、NHK朝の連続ドラマ「ちりとてちん」。
本放送の時も、土曜日が楽しみでしかたなかったのです。

登場人物の個性的な性格や、物語の難しさを、落語を通じてわかりやすく理解でき、
なおかつ、いろいろな伏線を張って、ここぞというところで本線と伏線が融合する。

まるでM・ナイト・シャマラン監督の映画のような伏線もあれば、
まったく忘れていたころにやってきた伏線もあり、見ていて飽きない、
また見たくなるドラマになっていました。



劇中演じられた落語はかなり多いです。

タイトルの「ちりとてちん」、なじみの深い「じゅげむ」、「饅頭こわい」や、
「愛宕山」、「算段の平兵衛」、「辻占茶屋」、「崇徳院」、「景清」、「天災」、「鴻池の犬」、「胴乱の幸助」、
「たちぎれ線香」、「鉄砲勇助」、「はてなの茶碗」、大ネタ「地獄八景亡者戯」と、
これだけではありませんが、いろいろな落語が出てきます。

思わず「うまい!」と言っちゃう、「崇徳院」や「じゅげむ」、「饅頭こわい」。
元ネタを知らないと分かりにくいけど、分かると楽しい「たちぎれ線香」、「地獄八景亡者戯」。

一番好きなネタは・・・笑うなら「目黒のさんま」、しんみり聞き入るなら「芝浜」ですね。
(ここまできて、両方とも江戸落語じゃねぇか・・・)





小学校を卒業し、中学・高校・専門学校を経て、現実の厳しさを知った中年に、
落語家になるという夢は、さすがに潰えているのではありますが、
もっと落語を聞かなくっちゃ!という気持ちが強く強く働いています。

最初は米朝師匠・・・とも思ったのですが、私はなぜか枝雀師匠をセレクトしてしまいます。
「すびばぜんね~」が単純に好きなんですけどね。

今のところ、枝雀師匠の「愛宕山」、「宿替え」、「地獄八景亡者戯」を聞いて、笑わせてもらいました。
で、「饅頭こわい」も聞いていたのですが、残りのサゲまで聞いてないんです・・・
早く聴きたい、最後のサゲ。






ここまで落語を引っ張ったんだから、ちゃんとサゲはあるんやろうな?
と言われそうな今回の記事。


サゲ?ありません。落語が好きであるということを話ししたかっただけですから。
サゲを考えるのは、また落ち着いてからにします。
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 8

ふぐたろう

元気ですか?
ちりとてちん、面白かったですね♪
落語は詳しくないけど上方落語と言えば米朝師匠ですが、
枝雀師匠の落語も鬼気迫るものがありましたね(^^;)
by ふぐたろう (2010-09-24 22:29) 

わ〜ちん

>ふぐたろうさん
お久しぶりです。元気ですよ!

ちりとてちん、ご覧になられていたのですね。
仲間がいました(笑

一度でいいから、生の落語を見に行ってみたいものです。
by わ〜ちん (2010-09-27 11:24) 

kimiko

おひさしぶりです~
落語は母が好きだったので、小学生のころに一緒に聞いてましたよー
人の寿命をろうそくの炎にたとえた「死神」のお話は怖くて、情景が浮かびます^^;;
近くの文化会館に小朝さんが出演した時、初めて生で聴きました♪
by kimiko (2010-09-27 15:31) 

わ〜ちん

>kimikoさん
お久しぶりです&ご訪問ありがとうございます!
死神、落ちがいろいろあるので面白いですよね。
落語の中でも、怖い話はいろいろあるのですよね~
怖い落語も大好きです!

小朝さんの落語、生で聞かれたのですか!
うらやましいです~
by わ〜ちん (2010-09-27 15:39) 

袋田の住職

ちりとてちんは段々面白くなったという印象があります。
今回のゲゲゲの女房もそうです。
私も落語は好きで、何度か浅草や上野の寄席に入った事があります。
落語は法話の参考にもなりますし・・・
by 袋田の住職 (2010-09-27 16:42) 

horigon

お久し振りです。
僕は、基本的にお笑い番組は見ません。芸がないから。
ただ、同列にするわけではないですが、落語の番組は
見てしまいます。奥深いものを感じるから。
by horigon (2010-09-28 07:51) 

わ〜ちん

>布田の住職さん
全体の視聴率はいまいちだったらしいですね。でもDVDの売上は良かったというのもあって、徐々に面白くなったのは裏づけされていますね。

大阪の寄席小屋は天満天神繁盛亭しかないので、
また足を運びたいとおもってます。

落語ってけっこう法話の元になってますよね。
聞いていて感じることがあります。
by わ〜ちん (2010-10-05 09:17) 

わ〜ちん

>horigonさん
お久しぶりです!
最近のお笑い番組は、なんだか勢いだけで、おっしゃるとおり芸がないですね。

落語は完全に芸であり、見る人にも教養が必要な部分もあるので、
安定してみていて、楽しめるのかなって思ってます。
by わ〜ちん (2010-10-05 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。